パンへのこだわり

PANTOGRAPHのパンへのこだわり

無添加へのこだわりパン作り

01

無添加のパン作り

元々パン作りに添加物や品質改良材は必要ありません。
日持ちを良くしたり食感を柔らかくしたり、作業性を高めたり、カビが生えにくくしたり・・・
添加物は作り手の都合で入れることの方が多いと思われます。
正しく起こしたルヴァン種を使用すれば日持ちのするパンを作ることが出来ますし、正しい発酵をとれば老化の遅い、自然な柔らかさのパンは作れます。
PANTOGRAPHではパン生地には添加物は使用しません。ベーコンやウインナーなどどうしても添加物を使用している副材料を使うこともありますが、極力添加物が少なく、信頼できる地元のブランドなどを使用しています。

パンは生鮮食品です。 PANTOGRAPHのパンは日持ちはしません。 通販では美味しく食べていただく為に焼きあがったパンを新鮮なうちに冷凍し、そのままの状態でご家庭までお届け致します。

身体に優しい素材選びのパン作り

02

身体に優しい
素材選び

赤ちゃん連れの方からご年配の方まで毎日たくさんのお客様にご来店いただいています。 お客様の顔を見る度に皆さまに永く元気で、笑顔でいて欲しいと心から思います。

パンは特別な日に食べるものではなく、朝食に、ランチに、おやつに、夕食に毎日皆さまのすぐそばに寄り添うものです。その身近なパンをもっと身体に優しく、美味しいものに。

小麦全粒粉やぶどうから育てた自然発酵種と共に、島根県の恵まれた自然の中で育った牛や鶏から摂れた木次牛乳やたなべの卵など製造過程でも信頼できる地元のブランドから材料を取り揃えて、パン作りをしています。

パン職人のパン作り

03

パン職人とは

春夏秋冬毎日同じパンが店頭に並ぶ。
実はこれが難しいことなのです。

夏と冬で30度以上も気温が違ったり、カラリと晴れたり雨が降ったり。日本の気候ももちろんですが、小麦粉ひとつとっても含まれる水分量が袋ごとにわずかに違ったりします。パン職人の仕事はこれらの毎日の環境の変化やわずかな材料の違いを読み取り、そして酵母の状態を整え、ミキシングから焼き上げまでの様々な工程をパンの状態に合わせ、パンがいかに気持ちよく美味しいパンに焼き上がってくれるかを考えながら工程を微調整し、毎日より良いパンに仕上げます。 365日毎日違う作業をしているとも言えます。
レシピに書いてあることからは見えてこない、毎日の積み重ねによって培われる感覚。その感覚を駆使して毎日より良いパンを作ること。そして新しい技術にも挑戦しながら、パン作りを深く追求し続けること。

それがパン職人の仕事です。